新人育成お役立ち

<連載>2021年度コロナ禍の新人研修カリキュラム事例のご紹介 Vol.1.帰属意識と一体感醸成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

そろそろ新人研修の検討の時期になってきました。
検討の早い会社では年内に次年度の新人研修のスケジュールとプログラムが固まり、あとは年明けに細かな運用の詰めをしていくだけ、という会社もちらほら見受けられます。

2021年度はコロナ禍を経験した2度目の新人研修です。
2020年度のコロナ禍での新人研修の経験を活かして、どのようなブラッシュアップをしていくかは、新人育成担当者の頑張りどころと言っても良いでしょう。

とはいえ、他の会社はどのような新人研修をするのか?というのは、検討する上で、最も気になるところかもしれません。
そこで、私が企業様にご提案している、新人研修期間の過ごし方をいくつかご紹介させていただきます。
一部、アヴァンサーレのコンテンツのご提案みたいになってしまってはいますが、実際の提案事例のご紹介ということで、その点ご了承ください。

(自社のコンテンツや他社のコンテンツに置き換えながらご検討ください。もちろん、アヴァンサーレにお声がけいただけると大変うれしいです!笑)

それでは、さっそく1社目のご紹介をしていきます。
なお、本連載は1回につき、1社のご紹介となっております。
他社の事例もご紹介していますので、ぜひ、合わせてご覧ください。

大手IT企業の2021年度の新人研修

<2021年度新人研修の目的>

  • 自分の頭で考え行動できる人材の基礎作り
  • 帰属意識の醸成

<スケジュール>
ここでは最初の1週間ほどをご紹介します。
最初の10日間(2週目まで)は、出社して座学研修です。3週目からは、基本的にはリモート研修が続きますが、週1日は出社して、自社理解ワークを行う予定です。

<特徴>
コロナ感染防止のため、新人全員が一同に集まる機会は設けていません。
1クラス15~20名程度の少人数に分け、6クラスに分かれて研修が行われます。
基本的には、全クラス同じ内容での学びを検討していましたが、外部ベンダーの講師の都合上、一部日程入れ替えが発生しています。(4月4-8日)

また、2020年度は、同期同士の交流が極端に少なく、一体感がないまま2年目を迎えてしまっている状態を踏まえ、チームビルディングを取り入れたり、1週目は出社期間にしたりなどの工夫をしています。

最も力を入れた点は、各クラスに現場社員が育成リーダーとして参画することでしょう。
こちらも2020年度新人研修の課題として、帰属意識の醸成が弱くなってしまったことから、先輩社員との交流や、実際の現場の話に多く触れる機会を作ることが狙いです。


<プログラム紹介>
1日目:
入社式は、各クラスのプロジェクターに中継して行われます。入社式終了後は、チームビルディングのワークショップを内製で実施予定です。
通常、こうした新人研修では、社会人としてのマインドチェンジなどをテーマにする企業も多いですが、チームビルディングの内容は、相互理解です。
リモートが多く同期同士の交流が少なくなってしまうことで、悩み相談できる関係が作られないまま現場配属になってしまう状況を避けるため、相互理解に重きを置きたいと考えています。

2-3日目:
アヴァンサーレのビジネスマナー研修の実施です。
内容は、身だしなみ・挨拶・敬語研修、電話応対研修、来客訪問研修です。
こちらは、テキスト提供のみで、各クラスの育成リーダーに講師を務めていただきます。

4日目:
ビジネス文書研修を実施します。
こちらは、完全に内製コンテンツです。というのも、社内で独自の書き方のルールがあるため、数年前に自社でテキストを作り、内製しているとのことです。
独自ルールと日報の書き方を教える内容になっており、その日から毎日新人は日報を書くことになっています。
日報を書くようにすることで、ビジネス文書の書き方に慣れていくという効果だけではなく、リモートで直接新人の様子が見えない中でも、どのような状況かを報告してもらえれば、適切な対応を取りやすくなる効果があるので、とても良いプログラム・施策だと思います。

5-6日目:
他ベンダーのロジカルシンキング研修です。3人しか講師が出せないということで、3クラスを2回に分けて行われます。
ロジカルシンキングを受けていないクラスは、自社理解ワークを行います。帰属意識の醸成とチームビルディングを狙っています。
自社理解ワークについては、この日だけではなく、配属までの間、週1日は設けられています。
各事業部の先輩社員に協力してもらい、1~2事業部を中継で紹介&質問対応してもらいます。
その内容を踏まえて、各グループでどのような業務をしているのか、模造紙にまとめてもらうというワークをしてもらいます。

7日目:
IT研修とリモート準備です。
3週目以降は、リモートでIT研修が始まります。
そこで、Eラーニングの操作方法になれるため、この日に実際にEラーニングで受講してもらいます。
また、リモート期間中の働き方のルールを伝える時間を設けています。

まとめ
2020年度の新人研修での課題への対処として、『帰属意識の醸成』・『同期同士の一体感醸成』の実現に向けたプログラムになっています。
リモート期間が始まっても、週1回は出社するタイミングを設ける点や、現場から育成リーダーを選任するなど、非常に力の入った新人研修になっているかと思います。
ぜひ、参考にしていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る