研修内製化のススメ

研修を“受けて終わり”にしない継続学習のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おそらくこの記事を読んでいる多くの方は、人事担当者、教育担当者の方々かと思います。
あなたの会社では、研修を“やって終わり”になっていませんか?
「確かに…」や「研修後のフォローが大切なことは分かっているんだけどね…」などと思った人もいるのではないでしょうか。

この記事では、“やりっぱなし”にしない、『継続学習のコツ』を3つご紹介します。

1:リフレクション・ミーティング
2:学習グループ
3:メルマガ

1:リフレクション・ミーティング

リフレクションとは、振り返りのことです。この振り返りミーティングを定期的に行うという手法です。定期的にリフレクション・ミーティングを開催し、現場での実践を振り返り学びを共有しあいます。受講者は「振り返り」があることで、実践への動機づけが高まります。
期間は、月1回や、半年に1回など、現場で実践する内容に応じて設定してみてください。
期間の設定の仕方ですが、「忙しくてできませんでした」という言い訳ができない程度の期間をあけたほうがよいでしょう。
月1回行う場合は、学んだ知識やスキルの実践機会が何度かあるかと思いますので、プロジェクトワークなど中長期の実践でない内容の場合は、ちょうど良い期間かと思います。
一方で、半年に1回となると、取り組むのに少し難易度の高い内容や、プロジェクトワークといった中長期かかる内容のものが適しているでしょう。

リフレクションする内容は以下の観点で行うと、その後の実践にも繋がるのでお勧めです。
・実践してうまくいったこと、失敗したこと
・実践してみて学んだこと、感じたこと、気づいたこと
・実践を通して改善したこと(トライ&エラーをどう繰り返しているか)
・実践をしたことで見えてきた課題、困りごと
・今後どのように実践していくか


この観点を定期的に繰り返しリフレクションしていくことで、受講者にスキルや知識が定着していきます。

2:学習グループ

研修で学んだことを一人で実践し続けるというのは、なかなか大変なことです。
皆さんも資格試験やダイエットなど、自分ひとりで取り組もうとすると甘えがでてしまい、結局続かなかったり、挫折してしまったり、という経験があるかと思います。
研修で学んだことの実践も同じようになってしなうと、せっかくコストを掛けて研修を実施したのに、非常にもったいないことです。
そこで、学習グループをつくり、お互いに切磋琢磨し、励ましあいながら、実践を継続していく『学習グループ』を作ることをおすすめします。
人数は、多に埋もれないよう4―6人程度のグループが適しています。
皆忙しいので、実際に集まるのは大変ですし、負担がかかり続かなくなってしまうので、チャットグループやメーリングリストなどを作ると良いでしょう。
チャットやメーリングリストでは、進捗状況や学びを共有し、お互いに刺激しあう関係性を作っていきます。また、脱落者を出さないように、そして、高いモチベーションで臨めるように以下のルールを設けておくと、皆前向きに取り組むことができます。
【ルール例】
・応援の言葉をかけあうこと
・出来ていないことを指摘しないこと
・出来ていることを承認すること
・アドバイスを押し付けないこと
・相談には親身に応じること


この学習グループを作るというのは、簡単ですが、非常に効果があります。
ぜひ、取り入れてみてください。

3:メルマガ

メルマガは人事担当者に頑張ってもらう必要がありますが、一度作ってしまえば、次に同じ研修を実施した時に使いまわせるので、ぜひ、取りいれてほしい仕組みです。
研修で教えた内容を2-3週間に一度、メールで受講者に送るというものです。
1回のメールに全ての学習要素を入れる必要はありません。学習要素1つにつき、1メール程度で良いでしょう。
また、ある会社の人事担当者は、受講者に個別に実践状況をヒアリングし、参加者の実践例として紹介することで、他の受講者の実践に繋げたという例もあります。
少し手がかかりますが、ぜひ、取り入れてみてください。

振り返り研修のご紹介

新入社員におすすめのコンテンツをご紹介します。
・新入社員振り返り研修
入社してからの自身の行動や感情を可視化し、振り返りを行います。
また、行動や感情から、自身の成長を実感し、そして、今後に向けてどのような姿勢で取り組んでいくかを一人ひとり考えていただくコンテンツになっています。
本コンテンツは、講師マニュアル付きのテキストのみの提供ですので、貴社内で好きなタイミングで、何度でもお使いいただけるので、期間の面でも、タイミングの面でも非常におすすめのコンテンツになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら

コメントを残す

*