研修内製化のススメ

新入社員研修の計画の立て方と目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新入社員研修は、多くの企業で取り入れられている人材育成の一つになっています。
もはや“当たり前”となっている新入社員研修ですが、その計画のポイントと合わせて、今一度、その目的から確認していきます。

新入社員研修の目的

1:学生から社会人へのマインドチェンジ
これまでの“サービスを受ける側”から“サービスを提供する側”に変わることで、顧客や株主、社会への責任を担うことへの心構えを養う必要があります。
このマインドチェンジがうまく行かないと、“やらされ感の脱却”ができず、自分の頭で考え行動できるビジネスパーソンの下地作りが出来なくなってしまいます。

2:会社への理解を深める
これから自分が働く会社の事業や制度を知ることで、配属後の働き方のイメージを持てるだけでなく、新しい環境に身を置く心理的負担を軽減することができます。
また、自身の配属する事業部だけではなく、他の事業部のことを把握することで、現場に出た後、他事業部との連携のイメージも持ちやすくなります。
さらに、配属してしまうと、自身の事業部のことだけで必死になってしまうので、配属する前に全体を教えることで、新入社員も余裕をもって理解することができます。

3:業務上で必要なスキル・知識の獲得
現場での早期立ち上がりのために、現場で必要になるスキルや知識の習得が重要です。
身に付けるべきスキルや知識は、マナーやメールの書き方など、“ビジネスでの当たり前”や会社の事業に必要なTOEIC、会計などの専門スキルなど、様々あります。
マナーやメールの書き方は、常識や“当たり前感”の強い性質であることから、軽視する企業もありますが、現場でのOJT負荷がその分高くなってしまうので、研修で教えておくことをお勧めします。

新人研修の計画を立てるポイント

1:新人研修を実施した後に、どのような人材になってほしいかを決める
ますは、新入社員研修を実施した後に、自社の新人がどのようなマインド、スキル、知識を身に付けて欲しいかを明確にします。

2:プログラムを洗い出す
前述の1の人材像を実現するために必要なマインド、スキル、知識を身に付けるために必要なプログラムを洗い出します。

3:実施方法・期間を決める
新入社員が理解しやすいように、プログラムの関連性を考えながら、実施の流れを決めることで、大まかに研修に要する期間が見えてきます。
そして、プログラム毎に内製するのか、外注するのかという実施方法を決めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら

コメントを残す

*