新人育成お役立ち

新人研修でやるべき教育プログラムとは?Vol.3.作業指示の受け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんの会社では、新人研修の内容は決まりましたか?
現在検討中の企業様も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、新人研修でやるべきプログラムをテーマに、書いていこうと思います。
1記事につき、1テーマで書いていきますので、ぜひ、他の記事もお読みいただければ幸いです。

新人研修でやるべきプログラム3つ目:作業指示の受け方

新人研修でやるべきプログラムは、上記の通り、『作業指示の受け方』です。

よく、仕事に必要なコミュニケーションについて学ぶ研修を実施されている企業がありますが、そういった研修では、“報告・連絡・相談”や“挨拶”、“日報”などの内容で、“作業指示の受け方”については扱っていないことが多々あります。

しかし、どんなに、報告・連絡・相談の仕方を学んでも、仕事の成果には直結しません。
特に、新入社員は、毎日慣れない仕事ばかりで失敗が多くなってしまう中では、仕事の成果が出ないというのは、メンタル不調の原因にもなりかねません。

そういう意味でも新入社員は、仕事の成果に直結するビジネスコミュニケーションを学ぶべきなのです。

<目的>
基本的に仕事は、『上司からの作業指示』から始まります。
“分かったつもり”や、“何が分かって何が分からないのかが分からない”状態で仕事に取り組んでしまうと、必然的に失敗に繋がってしまうため、作業指示を正しく理解することが重要です。
つまり、業務遂行に必要な情報である作業指示を正しく理解することが、仕事の成果創出に繋がるのです。

<やり方>
外部研修を頼んでもよいでしょうし、アヴァンサーレの『作業指示の受け方研修』のテキストを購入いただき、貴社の上司の特性なども踏まえながら、自社特有の作業指示の受け方をお伝えいただくのも良いかと思います。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

≪関連記事≫
あなたにオススメの記事です。ぜひ、合わせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら